大会概要

開催主旨

本年度で8回目を迎えることとなり、環境に優しい自転車のライフスタイルスポーツとしての定着を図るため、全国からサイクリストを集め、日光市の観光の活性化を図ります。また、地域参加型イベントとして、交流型スポーツツーリズムの推進を目指します。宇都宮ブリッツェン監修により、日光の大自然を存分に生かしたコース設定、本格的なライダーから初心者ライダーまで幅広く参加できる運営を行います。

大会要項

大会名称
ツール・ド・NIKKO 2018
開催日
2018年9月9日(日)
会場
日光だいや川公園イベント広場
主催
ツール・ド・NIKKO 実行委員会
構成団体:日光市、サイクルスポーツマネージメント(株)、(株)とちぎテレビ、日光市体育協会、(一社)日光市観光協会、日光商工会議所、(一社)日光青年会議所、日光市自治会連合会、東武鉄道(株)、東日本旅客鉄道(株)大宮支社、日光だいや川公園管理事務所
主 管
サイクルスポーツマネジメント(株)
監修
宇都宮ブリッツェン
後援
栃木県、下野新聞社、エフエム栃木、栃木放送※予定
運営協力
栃木県サイクリング協会、栃木県道路公社、日光祭来輪駆倶楽部※予定
コース
山岳チャレンジ日光コース、ファンライド山岳日光コース、ファンライド日光コース、日光サイクリングコース
参加定員
2,000名 ※定員になり次第締切ります。

競技種目・参加料

種目 距離 内容 参加料
山岳チャレンジ日光
(定員700人/中学生以上)
約100km 【上級】健脚者におすすめ、ハードな山岳コース。日光の絶景を望めるビューポイントや美しい高原ライン、歴史と自然を兼ね備えた杉並木街道、温泉街の街並みなど、日光の名所を走るもっとも贅沢なコースです。 大 人 : 7,500円
中 高 : 6,000円
ファンライド山岳日光
(定員600人/中学生以上)
約96km 【中・上級】平坦基調のファンライドコースに龍王峡から五十里湖までの山岳コースをプラスした中・上級者向けのコースです。日光の歴史と壮大な自然を堪能できます。 大 人 : 7,000円
中 高 : 5,000円
ファンライド日光
(定員500人/中学生以上)
約70km 【中・初級】はじめてのロングライドにおすすめな平坦基調のコース!歴史と自然を兼ね備えた杉並木街道や大谷川沿いの直線を爽快に走れるビギナーからベテランまでチャレンジ可能なコースです。 大 人 : 7,000円
中 高 : 5,000円
日光サイクリング
(定員200人/小学3年生以上)
約47km 【初級】走る喜びを知ってもらうとともに、日光の風光を感じてもらうコースです。キッズやファミリー、シニアまで自然溢れる日光を満喫できます。 大 人 : 4,000円
小中高 : 3,000円

※駐車場無料です。(割り振りは申込み順になります。)
※小学生、中学生は保護者または20歳以上の引率者の伴走が必要。
※順位を競うレースではありません(表彰は行いません)。
※コース上は道路交通法とマナーを守って走行するサイクリング・イベントです。
※雨天決行。荒天の場合、開催可否については大会ホームページにて発表いたします。
※参加費には記念品代、消費税が含まれています。

参加資格

  1. 【山岳チャレンジ日光コース 約100km】 中学生以上の健康な男女
    【ファンライド山岳日光コース 約96km】 中学生以上の健康な男女
    【ファンライド日光コース 約70km】 中学生以上の健康な男女
    【日光サイクリングコース 約47km】 小学3年生以上の健康な男女
  2. 本コースを競技時間内で完走できる自信のある方。
  3. 実行委員会の定めた参加規約、大会規則を承認した者。

※大会運営に支障を起こすことが予想される方は、参加をお断りする場合があります。

オープニングセレモニー(大会前日受付)

場所 日光だいや川公園 イベント広場 [栃木県日光市瀬川844]
開催日時 2018/9/9(土) 16:00~18:00
内容(予定) Ride ON!メンバーによるスペシャルトークショー、豪華抽選会(予定)

大会スケジュール(予定)

9/8(土)

13:00~18:00 各コース受付・交付
16:00 オープニングセレモニー開始(日光だいや川公園イベント広場)
※必ず各コース受付・交付を済ませてご参加ください。
18:00 オープニングセレモニー終了

9/9(日)

6:00~7:00 各コース受付・交付
7:00 選手集合/開会宣言/競技説明
7:20 スタート開始(ウェーブスタート)
9:45 スタート終了
17:00 競技・大会終了

※イベント内容は、都合により予告なくその内容が変更される場合がございます。
※前日もしくは当日に必ず各コース受付・交付を済ませてご参加ください。

車種規制

車種 使用 タイヤ幅
ロードレーサー フリー
MTB フリー
クロスバイク フリー
リカンベント ×
小径車(タイヤ幅24インチ未満) フリー

※主催者が危険と判断した場合は参加をお断りすることがあります。

着用義務

付属品 ・ライト  ・反射材
装備品 ・ヘルメット(レザー、布製は禁止)  ・グローブ

ハンドル形状

使用可能 ・通常のドロップハンドル  ・ライザーバー
・フラットハンドル  ・ブルホーンハンドル
※フラットハンドルのバーエンドは使用可
使用禁止 ・DHハンドル
・クリップオン
・スピナッチ
上記のようなドロップハンドルに 付属されるアタッチメント
理 由 素早いブレーキ操作の妨げになるため。

※車両は通常の走行に耐える強度を備え、よく整備されていること

付属品

使用可能 ・ボトル  ・サイクルメーター
※雨天時は、泥よけ使用可
使用禁止 ・かご
・ミラー
・スタンド
・キャリア
・ラック
理 由 走行時に接触する危険性がある、また転倒時に危険であるため
※山岳チャレンジ日光コースに適用。